A

ファイヤーワールド千葉では内筒と外筒の間に25mmの断熱材が入った二重構造の煙突の使用をお薦めしています。21世紀の環境に配慮して造られた二次燃焼の薪ストーブは、断熱二重煙突と一体となった組み合わせにより、快適なクリーンバーン機能が発揮されます。薪ストーブは煙突内が熱を持つことにより起こるドラフト(上昇気流)の自然力学によって、快適な燃焼と暖房が得られます。断熱材を使用していないシングル煙突を取り付けて使用した場合、外部の冷たい空気で煙突内部が冷やされてしまうのでクリーンバーンの機能がはたらきません!!煙突のドラフト(上昇気流)機能を正しく理解した、ファイヤーワールド グループのトッププロの技術者達に、遠慮なくご相談ください。「ファイヤーワールド グループ」はストーブ・オーナーの方がたと一緒に、環境問題と取り組みながら“薪ストーブの普及に努めています。

断熱材を使用していないシングル煙突では煙突内部の空気が冷却されてしまい、ドラフト(上昇気流)が起きず、薪ストーブ本来の性能が発揮されません。

薪ストーブの施工エリアは千葉市・四街道市・八千代市・佐倉市・山武市・富里市・八街市・成田市・印西市・柏市・我孫子市・東金市・匝瑳市など、千葉県内はもちろん、茨城県内もご相談ください。